秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

全国初『みどりの食料システム法』認定農業者 オーガニック農業実践 滋賀県が農園代表ら2人2022年11月16日

一覧へ

みどりの食料システム法に基づく基本計画を公表した滋賀県は11月15日、水稲生産者2名の環境負荷低減事業活動実施計画を認定したと発表した。全国で初めての認定となる。

中山欽司氏クサツパイオニアファーム代表の中山欽司氏

全国初の「グリーンファーマー」に認定されたのは、草津市の(有)クサツパイオニアファーム代表の中山欽司氏と野洲市の中道農園代表の中道唯幸氏。

クサツパイオニアファームは鶏糞やもみ殻堆肥、機械除草機の新たな導入などによって、水稲・大麦での有機JAS認証栽培面積の拡大をめざす。

中道唯幸氏中道農園代表の中道唯幸氏

中道農園はもみ殻ぼかし肥料や土壌診断を有効に活用し、水稲の有機JAS認証栽培面積の拡大をめざす。

いずれも滋賀県内で最大規模のオーガニック農業を実践している。

滋賀県では環境負荷低減事業活動実施計画認定者を「グリーンファーマー」と呼ぶ。認定を受けると環境負荷低減のために導入する機械などについて、特別償却ができる「みどり投資促進税制」の適用や無利子・低利融資が受けられる金融上の措置を受けることができる。

(関連記事)
滋賀県 みどり戦略基本計画 全国初の同意

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る