人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
日本曹達 231012 PC
日本曹達 231012 SP

福島第一原発の処理水 海への放出始まる 東電「一段と緊張感持ち対処」2023年8月24日

一覧へ

東京電力は、8月24日午後1時ごろから、福島第一原子力発電所の処理水を薄めたうえで海への放出を始めた。

福島第一原発の処理水をめぐっては、政府が22日の関係閣僚会議で気象条件などに支障がなければ、大量の海水でトリチウムの濃度を薄めて24日に海に放出することを決めていた。

これを受けて東京電力は、処理水に含まれるトリチウム濃度が基準内に収まったことを確認したうえで、24日午後1時ごろから海への放出を始めた。

今回は1日当たり460トンの処理水を海水で薄めて17日間にわたって放出する予定で、合わせて7800トンに上る見通し。今年度全体の放出量はタンク約30基分の3万1200トンを予定しているという。

東京電力は同日午前に開いた記者会見で、「実際に放出が始まるので一段と緊張感を持って対処したい。また、政府とともに風評への影響を抑えるべく科学的な根拠に基づいて迅速的確な情報発信に努めたい」などと述べ、モニタリングで処理水に含まれるトリチウムの濃度などを監視しながら慎重に作業を進める姿勢を示した。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る