JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

白石洋一 立憲民主党 衆議院議員【緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」】2021年9月1日

一覧へ

白石洋一 衆議院議員白石洋一 衆議院議員

○白石洋一
○立憲民主党
○衆議院議員
○選挙区:愛媛県3区
○出身地:愛媛県

【1】現在の政府のコロナ対策についての評価
(1)ワクチン接種の問題点と今後の課題
諸外国が接種を大々的に実行し始めていた年初から、日本もそれを見て十分は準備をしておくべきだった。しかし、実際はワクチン供給の目途がたってから準備を始めた様子で後手後手だった。今後は、副作用の情報開示を積極的にしないと、疑いから接種しない人が多いままと思われる。

(2)医療体制の問題点と今後の課題
民間の中堅病院には、政府が先頭に立ってコロナ病床提供をお願いしていく必要があると思う。お金や罰則も必要だが最後は提供して欲しいという気持ちをどう伝えるかである。

(3)国民生活や経済活動の規制(「外出自粛」「営業自粛」「リモート作業」等)への補償
補償は規模がまず小さ過ぎる。かつ事務手間が多く一般の申請を非常に困難にしている。不正防止のための手続き追加が行き過ぎている。

(4)検査体制の拡充について
無償の検査を、条件をつけずに大規模に行うべき。昨年からずっと言っていることをだができていない。

【2】今後のコロナ対策についての提案
以上を改善することは必須。加えて、これまでになかった打ち手を講ずる必要があるのではないか。例えば台湾では5月に急激な感染者の増加をみたが、外出時のマスク着用の義務化、1か所に集まる人数の制限、娯楽施設の営業停止など徹底したほか、居留証がない外国人の入境停止や、学校の対面授業の停止などの措置をとり、急速に抑えることができ
た。

【3】コロナ禍で見えてきた日本の政治のあり方について思うことがありますか?
いつも楽観視して、打ち手を小出しにして、後に悪化が明らかになり、想定外だったと言って後追いの施策を講ずる。特に、失わなくてよい命を突然失うことになった方々とご家族には大変申し訳ない日本の政治状況だ。

緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る