Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

野村哲郎 自由民主党 参議院議員【緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」】2021年9月13日

一覧へ

野村哲郎 自由民主党野村哲郎 自由民主党

○野村哲郎
○自由民主党
○参議院議員
○選挙区:鹿児島県
○出身地:鹿児島県霧島市

【1】現在の政府のコロナ対策についての評価
(1)ワクチン接種の問題点と今後の課題
感染予防・重症化予防のために、ワクチンの早期接種が急務である。そのためには、接種現場へワクチンを安定供給し、希望する方々がスムーズに接種を受けられるようワクチン接種体制について不断の検討・改善が必要である。

(2)医療体制の問題点と今後の課題
デルタ株の影響で感染者が急増し、医療体制のひっ迫に伴い適切な医療の提供が困難になっている。全国の厚生連病院においても、1,000名以上の感染者を今も受け入れており、経営的に厳しい状況にある。コロナ禍の最前線で困難な状況にある医療機関に対して、今後も十分な支援を行う必要がある。

(3)国民生活や経済活動の規制(「外出自粛」「営業自粛」「リモート作業」等)への補償
国民生活や経済活動に対する様々な自粛要請については、ワクチン接種の普及状況と医療提供体制の改善状況、そして専門家の意見を踏まえて、感染防止を前提に要請の内容・基準・補償の在り方について検討を行う必要がある。これまでの自粛要請に対する協力金等については、速やかに給付できるよう手続きの迅速化をはかるべき。

(4)検査体制の拡充について
検査体制の拡充は重要であるが、マンパワーの確保など物理的な限界もあり、検査の簡便化・迅速化と検査件数の拡大がはかられるような新たな検査手法、検査薬、検査機器の開発を支援していく必要がある。

【2】今後のコロナ対策についての提案
国産ワクチンの開発、新たな治療方法・治療薬の開発を官民一体となって取り組み、コロナ感染の重症化を防ぐ環境を一刻も早く確立する必要がある。
同時に、医療提供体制の支援・拡充と農林水産業や観光業などをはじめ地域経済を支えている各産業の経営支援対策を講ずる必要がある。また、今般のコロナ禍のような非常事態時における医療提供の在り方と医療機関の役割分担、行政支援の在り方を早急に検討し、制度化する必要がある。

【3】コロナ禍の中で見えてきた日本の政治の在り方
パンデミックのような危機的状況下では、国と地方の役割分担を明確にして、相互の意思疎通をしっかりと行い、行政と国民が共通認識を持って危機を乗り越えていく状況を創出しなければならない。その陣頭指揮を執るのが政治であり、具体的な情報発信と丁寧な説明が必要不可欠である。

緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る