Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

青山大人 立憲民主党 衆議院議員【緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」】2021年9月14日

一覧へ

青山大人 衆議院議員青山大人 衆議院議員

○青山大人
○立憲民主党
○衆議院議員
○選挙区:比例区 北関東
○出身地:茨城県土浦市

【1】現在の政府のコロナ対策についての評価
私も昨年11月の外務委員会質疑で政府へ提案しましたが、国産ワクチン開発体制など平時では理解を得ることが難しい分野にも、今後は適切な予算配分や立法による手当が必要と思います。
また、経済対策について、事業者へ自粛を求めるのであれば十分な補償とセットにすべきです。
こうしたことをこれまでも私達は提案し続けています。政治を変えていきたいです。

【2】今後のコロナ対策についての提案
事業者支援のための助成金、消費税減税など、経済を支える対策を大胆に打ち出すべきです。
同時に、医療現場の人件費への手当を拡充し、使命感や志に支えられている現場をしっかりと支援していく必要があります。療養施設等を仮に増設できたとしても、医療スタッフを集めるには限界が来ていると思います。

【3】コロナ禍で見えてきた日本の政治のあり方について思うことがありますか?
輸入依存が背景にある食料自給率低下、国内向けよりも輸出拡大の方針など、これまでの政策を本気で見直す時です。世界規模の感染症は、今回かぎりでなく今後も生じうるからです。
昨年コロナ禍が始まった当初、政府・与野党連絡協議会が発足し、定期的に開催され、私達も、国民の皆様の声を反映させる貴重な会議だと認識していました。しかし、残念なことに今年になってからあまり開催されず、国会閉会により立法の機会も失われています。
そのような中でも私達は、国会召集要求、提言申入れ等、あらゆる機会を捉えてコロナ対策案を政府へ打ち出しています。
一体誰のための政治なのか、を常に忘れずにいなければならないと思います。

緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る