Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

山本拓 自由民主党 衆議院議員【緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」】2021年9月15日

一覧へ

山本拓 衆議院議員山本拓 衆議院議員

○山本 拓
○自由民主党
○衆議院議員
○選挙区:比例代表 北陸信越
○出身地:福井県

【今後のコロナ対策についての提案】
以下の各点を提案いたします。
・感染症の影響により経営悪化した事業主や生活困窮者への迅速な支援の一層の促進
・感染症に対応できる医療機関への支援の強化
・自宅療養者数減のための国・地方公共団体が管理する施設の更なる有効活用
・治療薬の国内生産・国内開発体制の強化
・安全性の担保を大前提に緊急時に現在よりも迅速に新薬を承認できる制度の確立
・重症化を防止するため早期の治療薬投与を可能とする環境整備の促進

【コロナ禍で見えてきた日本の政治のあり方について思うことがありますか?】
○今回の新型コロナ対応では政府の危機管理等の脆弱性が露見しました。今後は新型コロナウイルス感染症のみならず、致死率の高いエボラ出血熱や感染力の高い感染症等(未知なるウイルスによる感染症も含む)への備えとして、検疫等の水際対策(入国時の渡航歴申告と入国後の健康状態の報告の徹底等を含む)、感染症患者の移送手段の確保、指定医療機関の診療体制の整備等の対応を進めることが必要です。
○また、対策を強化しても万が一にも感染症を封じ込めることができない場合には、多くの国民の生命を守るためのロックダウン(都市封鎖)の実施も一つの有力な選択肢となります。経済に与える影響等が多大であることから、しっかりと要件を定めることが前提となりますが、法整備を検討していく必要があります。

緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る