Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
ベリマークSC:FMC(SP)センター

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

うえの賢一郎 自由民主党 衆議院議員【緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」】2021年9月22日

一覧へ

うえの賢一郎 衆議院議員うえの賢一郎 衆議院議員

○うえの賢一郎
○自由民主党
○衆議院議員
○選挙区:滋賀県2区
○出身地:滋賀県長浜市

【1】現在の政府のコロナ対策についての評価
度重なる緊急事態宣言やまんえん防止等重点措置の発令により、国民の皆さまには様々な制約をお願いすることになりました。政府としましても、この点も含め病床確保など反省すべき点があることは事実と考えます。問題点は今後しっかりと検証したうえで、見直しが必要です。一方、欧米をはじめ他国と比較すると、感染者数や死亡者数は極めて低水準に抑えられており、国際的には評価されております。現在、世界最速の水準で、ワクチン接種が進んでおります。一刻も早く希望する皆様が接種を終えられるよう引き続き努力して参ります。

【2】今後のコロナ対策についての提案
まずは国民の命を守るため、第6波の感染拡大に備え、コロナ病床の確保を徹底していくことが重要。公的病院のみならず民間病院も含めしっかりと病床を確保していくために、国と自治体と医師会等が連携する必要があります。また、ワクチンの速やかな接種と治療薬の早期承認・確保などに加え、長期戦を見据えた、ワクチン・治療薬を国内で開発・生産できる体制を確立することも重要と考えます。これまでの緊急事態宣言等の効果をしっかりと検証し、その効果を科学的に分析することも必要です。コロナをゼロにはできない中、リスク評価を十分に行い、経済活動との両立をどの程度まで許容できるかの国民的な議論も必要です。

【3】コロナ禍で見えてきた日本の政治のあり方について思うことがありますか?
ウイルスとの戦いという未曽有の事態のなか、政治はしっかりとしたエビデンス、科学的分析に基づく正確な状況説明をすることが重要です。同時に地域の実情を把握し、地域に応じた対策を講じることが必要と考えます。そのうえで、国として必要な支援策を打ち出し、迅速に施行することにより、国民生活への影響を最小限にしなくてはなりません。

緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る