Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
ベリマークSC:FMC(PC)センター
ベリマークSC:FMC(SP)センター

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

鬼木誠 自由民主党 衆議院議員【緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」】2021年10月6日

一覧へ

鬼木誠 衆議院議員鬼木誠 衆議院議員

○鬼木誠
○自由民主党
○衆議院議員
○選挙区:福岡県2区
○出身地:福岡県福岡市

【1】現在の政府のコロナ対策についての評価
1年半以上にわたり感染拡大に伴う行動規制(緊急事態宣言など)発令と解除が繰り返され、多くの国民が自粛疲れしている。感染力の強い変異株の流行によるところもあるが、行動規制の効果が薄れることによって感染拡大につながっている。行動規制で国民の協力を得るためには、更なる経済支援策が必要。
一方で、今後ワクチン接種がある程度進めば、ワクチン接種済み証や陰性証明書を活用して、一定の経済活動ができるようにするべき。

【2】今後のコロナ対策についての提案
新型コロナウイルスの根本的な解決には、治療薬やワクチンの開発と安定供給が必要。そのためには、開発されたワクチンや治療薬を政府が責任をもって買い取るようにして、製薬企業による開発投資を後押しすべき。また治験環境の支援や、薬事承認のスピードアップによる創薬支援が必要。日本では過去にワクチンを巡る訴訟が頻発したため、国による補償など製薬企業を訴訟から守る仕組みの構築も必要。

【3】コロナ禍で見えてきた日本の政治のあり方について思うことがありますか?
日本では行政が国民の行動規制を行おうとしても、憲法により強い私権制限が出来ない。現行憲法に緊急事態条項を創設し、非常事態に限り私権制限を行えるよう、憲法改正の議論が必要。

緊急特集 全国会議員に聞く「どうするのかコロナ危機」

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る