農薬 ニュース詳細

2013.03.28 
住友化学 シンガポールに事業支援の新会社一覧へ

 住友化学は東南アジア、インド、オセアニア地域の事業支援統括会社として、シンガポールに「住友化学アジアパシフィック社」(Sumitomo Chemical (Asia Pacific)Pte Ltd.)を新設した。

 住友化学はこれらの地域の8カ国で22のグループ会社が事業を展開している。
 なかでも東南アジアは6億を超える人口と2兆ドルを超えるGDPがあり、今後もさらなる成長が見込まれることから、同地域での新たな事業開拓と効率的な事業運営を行うため、現地に事業支援の統括会社を新設することにした。
 新会社は4月1日から営業を開始。本社の「アジア地域統括本部」(4月1日付新設)と連携し、政府など関係機関とのネットワーク構築、情報調査、収集、解析などを行う。社長には住友化学理事の川井美雄氏が就任する。資本金は400万ドルで、住友化学の100%出資。


(関連記事)

【人事速報】住友化学(4月1日付)(2013.03.27)

クミ化・堀田氏、住友化学・鈴木氏が奨励賞(2013.03.26)

【人事速報・機構改革】 住友化学 福林憲二郎氏が退任 (3月31日付、4月1日付)(2013.02.25)

2015年度の売上高2兆4000億円 住友化学が中期計画策定(2013.02.18)

小学校の花壇・菜園づくりを応援  住友化学園芸(2013.01.28)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ