想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

クミ化・堀田氏、住友化学・鈴木氏が奨励賞2013年3月26日

一覧へ

 日本農薬学会は平成25年度の日本農薬学会賞・論文賞の受賞者を決めた。

 学会賞奨励賞は、堀田雄大氏(クミアイ化学工業)の「農薬補助剤のライフサイクルに関与する環境微生物の分子生態学的研究」、鈴木祐介氏(住友化学)の「蛍光分光法を用いたフェンバレレートの光励起ラジカル検出に関する研究」の2課題が受賞した。
 そのほか、業績賞(技術)には柳瀬勇次氏(三井化学アグロ)らによる新殺菌剤「ペンチオピラド」、吉村巧氏(ケイ・アイ研究所)らによる新水稲除草剤「ピリミスルファン」など3課題が選ばれた。
 業績賞(研究)は受賞者がいなかった。
 3月14?16日に筑波大学(茨城)で開催された日本農薬学会第38回大会で表彰式が行われた。

 全受賞者は次の通り(敬称略、▽「研究課題」氏名(所属))。
奨励賞
▽「農薬補助剤のライフサイクルに関与する環境微生物の分子生態学的研究」堀田雄大(クミアイ化学工業(株))▽「蛍光分光法を用いたフェンバレレートの光励起ラジカル検出に関する研究」鈴木祐介氏(住友化学(株))
業績賞(技術)
▽「新殺菌剤『ペンチオピラド』の研究開発」柳瀬勇次、勝田裕之、冨谷完治、榎本幹、坂本修(三井化学アグロ(株))
▽「農作物中の残留農薬濃度に関する変動要因の評価」藤田眞弘、飯島和昭(一般財団法人残留農薬研究所)
▽「新水稲除草剤『ピリミスルファン』の研究開発」吉村巧、池内利祐、大野修二((株)ケイ・アイ研究所)、朝倉草平(クミアイ化学工業(株))、濱田祐介(イハラケミカル工業(株))
論文賞
「Fipronil resistance in Sogatelle furcifera : Molecular cloning and functional expression of wild-type and mutant RDL GABA receptor subunits(セジロウンカのフィプロニル抵抗性:野生型と変異型GABA受容体RDLサブユニットのクローニングと機能発見)」Toshifumi Nakao、Masako Hama、Nobuyuki Kawahara、Kangetsu Hirase

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る