左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

水稲除草剤「プロピリスルフロン」韓国で販売2013年5月15日

一覧へ

 住友化学は5月13日、韓国で水稲用除草剤「プロピリスルフロン」の販売を開始した。

 プロピリスルフロンは同社独自開発の除草剤で、ノビエ、クログワイ、オモダカなどの難防除雑草に卓効を示す。また、1回の散布で高い効果を得られるため、初・中期一発処理剤として利用されている。
 国内では1成分の「ゼータワン」のほか、「メガゼータ」(ピラクロニルとの混合剤)を平成23年に上市。25年からは、新たに「ゼータファイヤ」(ブロモブチドとの混合剤)、「ブルゼータ」(ベンゾビシクロンとの混合剤)を上市しラインナップを拡充した。
 今回、韓国での販売は、地元子会社の住友化学アグロソウル社を通じて、初・中期一発処理剤として販売される。また、その他のアジア地域では、ベトナムでも登録申請を行っており、今後はプロピリスルフロンを中心にアジアの水稲用除草剤市場への事業展開を積極的に進めていく考えだ。

(関連記事)

住友化学、白元に19.5%出資(2013.05.10)

トルコに農薬販売会社を設立 住友商事(2013.04.05)

住友化学 シンガポールに事業支援の新会社(2013.03.28)

クミ化・堀田氏、住友化学・鈴木氏が奨励賞(2013.03.26)

2015年度の売上高2兆4000億円 住友化学が中期計画策定(2013.02.18)

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る