Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業化学品事業に注力 日本曹達が新中計2013年5月29日

一覧へ

 日本曹達は5月14日、平成25年3月期の決算を発表した。海外への事業展開を促進し連結決算の対象となる会社が増えたことなどから、売上高は前年を上回ったが、利益面では前年を下回った。

◆農薬販売、国内外で増収

 同期の売上高は、前年に比べて5.3%増の1275億8100万円。営業利益は同13%減の40億9400万円、経常利益は同11.2%減の83億1700万円、当期純利益は同24.7%減の53億300万円だった。1株あたり当期純利益は34.87円。
 事業部門別では、主力の農業化学品事業は、売上高が同6.5%増の380億4100万円、営業利益は同10.1%減の18億7000万円だった。
 国内の農薬販売では、クミアイ化学工業が昨秋上市した園芸用殺菌剤「ファンタジスタ」、「ファンベル」の農薬登録を取得し新たに発売したほか、園芸用殺菌剤「ベフラン」が伸び増収。海外でも殺ダニ剤「ニッソラン」、殺菌剤「トップジンM」、同「パンチョ」などが伸び、増収となった。

◆新薬の開発すすめる

 同社は平成25年4月から4か年の新中期計画「Chemigress to 100」(ステージ2)をスタートさせた。
 同社の創業100周年を迎える2020年に売上高2000億円、営業利益200億円の達成をめざしており(下グラフ参照)、今計画はこれに向けた長期経営ビジョンの第2段階に位置づけられている。
 この中で農業化学品事業は、セルロース誘導体、機能性ポリマーとあわせて、経営資源を優先的に配分し事業の拡大をめざす3つの注力すべきカテゴリーのうちの1つとして位置づけられている。具体的な取り組みとしては、▽基幹製品の競争力向上と拡販▽新薬の開発促進と早期の上市▽農業関連周辺分野への事業展開、などに取り組んでいく予定だ。

日本曹達 新中期計画 連結数値目標(グラフ)日本曹達 新中期計画 連結数値目標

(関連記事)

【人事速報】日本曹達(5月21日付)(2013.05.28)

クミアイ化学工業が日本曹達に株式譲渡(2013.03.14)

業績予想を修正 日本曹達(2013.02.13)

農薬販売、海外好調も国内は減収  日本曹達第2四半期決算 (2012.11.08)

タイ・バンコクに新事務所開設 日本曹達 (2012.08.10)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る