想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農薬の蜜蜂危害防止Q&Aを公表 農水省2013年8月27日

一覧へ

 農水省は、農薬によるミツバチの危害を防止するための日本の取組みに関するQ&Aを農水省ホームページに公表した。

 農薬は安全で品質の良い農産物を安定的に供給するために必要不可欠な生産資材だといえるが、多くの場合、野外で使用されるため、使用にあたってはミツバチなど有用生物やその周辺環境に悪影響を与えないよう十分に配慮が必要で、日本国内でもさまざまな取組みが実際に行われているが、必ずしも多くの人に理解されているわけではない。
 しかし、今年5月にEUが、ミツバチへの危害を防止するため、ネオニコチノイド系殺虫剤の使用の一部を暫定的に制限することを決定。これを受けて日本国内でもこれら殺虫剤への関心が高まっている。
 そのため農水省では、ミツバチへの危害を防止することを目的として国内で行われている取り組みを広く知ってもらうため、Q&A形式で紹介することにした。
 詳しい内容は農水省ホームページで。

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る