農薬 ニュース詳細

2013.08.27 
農薬の蜜蜂危害防止Q&Aを公表 農水省一覧へ

 農水省は、農薬によるミツバチの危害を防止するための日本の取組みに関するQ&Aを農水省ホームページに公表した。

 農薬は安全で品質の良い農産物を安定的に供給するために必要不可欠な生産資材だといえるが、多くの場合、野外で使用されるため、使用にあたってはミツバチなど有用生物やその周辺環境に悪影響を与えないよう十分に配慮が必要で、日本国内でもさまざまな取組みが実際に行われているが、必ずしも多くの人に理解されているわけではない。
 しかし、今年5月にEUが、ミツバチへの危害を防止するため、ネオニコチノイド系殺虫剤の使用の一部を暫定的に制限することを決定。これを受けて日本国内でもこれら殺虫剤への関心が高まっている。
 そのため農水省では、ミツバチへの危害を防止することを目的として国内で行われている取り組みを広く知ってもらうため、Q&A形式で紹介することにした。
 詳しい内容は農水省ホームページで。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ