左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ルリコナゾール、米国での承認取得 日本農薬2013年11月20日

一覧へ

 日本農薬は11月14日、外用抗真菌剤「ルリコナゾール」の米国での承認を取得した。

 ルリコナゾールは白癬症、カンジダ症などに効果がある医薬品で、国内では2005年に発売。昨年は医療用外用抗真菌剤の売り上げ1位となった。海外ではインドで2010年、中国で2013年に販売を開始し、好評を得ている。
 欧米での販売については、カナダのValeant Pharumaceutical. Inc.(バリアント社)に独占的開発・販売権を許諾していたが、このたびアメリカ食品医薬品局(FDA)から承認を取得した。
 バリアント社は日本農薬からルリコナゾール原体を輸入し、米国向け製品を製造する予定で、最速での発売をめざす。
 米国の外用抗真菌剤市場はおよそ400億円の規模があり、日本農薬では「(ルリコナゾールの米国での販売は)将来的に当社の売上に大きく貢献する」ものと期待している。


(関連記事)

海外農薬販売好調で増収増益 日本農薬(2013.11.15)

【人事速報】日本農薬(12月20日付)(2013.11.15)

除草剤オルソスルファムロンを取得 日本農薬(2013.10.17)

業績予想を上方修正 日本農薬(2013.09.19)

日本農薬、「ルリコナゾール」中国で販売開始(2013.09.12)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る