農薬 ニュース詳細

2013.11.15 
海外農薬販売好調で増収増益 日本農薬一覧へ

 日本農薬(株)は11月13日、平成25年9月期決算を発表した。国内の農薬販売は前年並みだったが、海外の販売がのび増収増益となった。

 売上高は前年比12.7%増の476億2700万円、営業利益は同81.3%増の74億5000万円、経常利益は同83.2%増の71億4300万円、当期純利益は同106.4%増の47億1500万円と、大幅な増益となった。1株あたりの当期純利益は70.47円。
 国内の農薬販売は、全般的に病害虫の発生が少なかったほか、天候不順、水稲用殺菌剤の在庫調整などがあり、出荷額は前年並みだった。
 一方、海外の農薬販売は、アジア、欧米とも売上高が伸びた。品目別では、韓国で園芸用殺虫剤「コルト」、米国西海岸地域で殺ダニ剤「ダニトロン」の売り上げが伸びたほか、園芸用殺虫剤「フェニックス」の原体販売も好調だった。
 これらの結果、農薬事業全体は、売上高が同14.8%増の431億6500万円、営業利益が同85.2%増の66億2100万円だった。
 農薬以外の化学品事業では、医薬品の外用抗真菌剤「ラノコナゾール」、「ルリコナゾール」がのびたが、事業全体の売上高は前年比減だった。
 次期は、国内の農薬販売ではフェニックス、コルト、水稲用殺菌剤「ブイゲット」などの普及拡販に努め、海外ではアジアでのフェニックスの普及活動の強化に取り組む。農薬以外の化学品事業では、シロアリ薬剤事業の販路開拓をすすめる。業績見通しでは、売上高は今期に比べて10.2%増の525億円、営業利益は同0.7%増の75億円、経常利益は同2.2%増の73億円、当期純利益は同1.8%増の48億円と、引き続き増収増益を図っていく。


(関連記事)

除草剤オルソスルファムロンを取得 日本農薬(2013.10.17)

業績予想を上方修正 日本農薬(2013.09.19)

日本農薬、「ルリコナゾール」中国で販売開始(2013.09.12)

海外でダニ剤伸長 日本農薬第3四半期(2013.08.09)

日本農薬・神山洋一社長が新会長 農薬工業会(2013.05.23)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ