農薬 ニュース詳細

2013.10.17 
除草剤オルソスルファムロンを取得 日本農薬一覧へ

 日本農薬は10月16日付で、イタリアのISEM S.r.l.社から除草剤「オルソスルファムロン」を譲り受けた。

 オルソスルファムロンは、スルホニルウレア系除草剤で、水稲用除草剤やサトウキビ用増糖剤として使われている剤だ。イタリアのISAGRO S.p.A.社が開発し、2011年1月に同社とオランダのChemtura Netherlands B.V.社の合弁会社であるISEM社に譲渡された。
 日本農薬は13年度からスタートした中期経営計画のなかで、M&Aや提携、品目買収などを通じて事業の拡大をめざしている。今回の除草剤取得はこの一環で、海外向け除草剤分野の補完・拡充を図ったもの。
 同剤は現在、米国、ブラジルを中心に、中国、インドなどで登録、販売されている。日本農薬では「東南アジア、欧州、中近東地域での拡販をめざす」(総務部)としている。
 同剤の日本国内での商品開発の予定は、現時点ではない。


(関連記事)

業績予想を上方修正 日本農薬(2013.09.19)

日本農薬、「ルリコナゾール」中国で販売開始(2013.09.12)

海外でダニ剤伸長 日本農薬第3四半期(2013.08.09)

日本農薬・神山洋一社長が新会長 農薬工業会(2013.05.23)

ノウハウ技術料のび、大幅な増益 日本農薬(2013.05.16)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ