農薬 ニュース詳細

2014.01.09 
水稲用初期除草剤「かねつぐ」を上市 BASF一覧へ

 BASFジャパンは12月、新規水稲用初期除草剤「かねつぐ1キロ粒剤」を上市した。

水稲用初期除草剤「かねつぐ」 「かねつぐ1キロ粒剤」の有効成分は、シクロスルファムロン(BASF開発剤)にプレチラクロールをあわせた2成分だ。
 多年生雑草や一部のSU(スルホニルウレア系除草剤)抵抗性雑草など、幅広い雑草に高い効果が長く続く。 また、田植同時散布ができるので農作業の省力化にも役立つ。
 剤の名前の由来は、戦国武将として有名な直江兼続。兼続は、新田開発を進め農業の育成に偉大な業績を残したとされており、同剤も「農家の役に立つ除草剤」(同社農薬事業部)になってほしいとの願いで開発された。
 同社は「かねつぐ」に引き続き、シクロスルファムロンとプレチラクロールの2成分をあわせた除草剤ラインナップ拡大をめざし、今後も開発をすすめる考えだ。同剤を「主要な水稲除草剤の一角を担える商品群へ育成したい」と期待している。

(写真は製品パッケージ)

(関連記事)

【農薬登録情報】BASF嵐プリンススピノが登録(2013.12.10)

2020年までの農業関連売上目標を上方修正 BASF (2013.10.18)

被災地に「あそび・いこいの場」 BASF(2013.09.06)

農業関連の売上高18%増 BASF上半期業績(2013.07.31)

BASF、アジア地域戦略「grow smartly」策定(2013.06.20)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ