農薬 ニュース詳細

2013.07.31 
農業関連の売上高18%増 BASF上半期業績一覧へ

 BASF(本社、ドイツ・ルートヴィッヒスハーフェン)は7月25日、2013年第2四半期の業績を発表した。

 第2四半期の売上高は前年同期に比べて4%増の381億ユーロ、特別項目控除前EBITは同3%増の40億ユーロで増収増益となった。
 部門別で特に業績が好調だったのは農業関連製品部門。売上高は同18%増の17億ユーロ、特別項目控除前EBITは7100万ユーロ増の4億8500万ユーロだった。販売価格が上昇したことや、北米でベッカー・アンダーウッド社を買収したことなどが大幅な増収増益の要因。
 Dr.クルト・ボック取締役会長は、2013年の見通しを「世界の経済環境は依然として不安定」としながらも、「下半期も引き続き増収増益の達成をめざす」とコメントしている。


(関連記事)

BASFが夏休み子ども実験教室 8月都内で(2013.07.22)

BASF、アジア地域戦略「grow smartly」策定(2013.06.20)

欧州・北米で農業関連事業が好調 BASF(2013.05.14)

BASFがアジアの組織改変 中国市場に注力(2013.03.21)

売上高、利益ともに過去最高 BASF2012年業績(2013.03.07)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ