農薬 ニュース詳細

2013.05.14 
欧州・北米で農業関連事業が好調 BASF一覧へ

 BASF(本社、ドイツ・ルートヴィッヒスハーフェン)は4月26日、2013年第1四半期業績を発表した。

 売上高は前年同期に比べて5%増の197億ユーロ、特別項目控除前EBIT(営業利益)は同10%増の22億ユーロだった。
 売上高が伸びたのは、農業関連製品部門と石油・ガス部門の売上が伸びたのが要因。農業関連製品は南米、アフリカ、中東では減収だったが、欧州、北米で販売量の急増と販売価格の上昇があり、大幅な増益となった。
 同社のクルト・ボック取締役会長は「2013年は好調なスタートを切った。特に農業関連製品事業が、昨年に引き続き大きな成功を収めた」とコメントしている。


(関連記事)

BASFがアジアの組織改変 中国市場に注力(2013.03.21)

売上高、利益ともに過去最高 BASF2012年業績(2013.03.07)

「化学の力で持続可能な未来をつくる」BASF (2013.02.28)

BASFが中国・上海に研究拠点 本社以外では最大規模 (2012.11.08)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ