農薬 ニュース詳細

2014.05.22 
新作用性の殺菌剤イニシウム 国内初の製品化一覧へ

 BASFジャパンは5月下旬、新たな作用性を持つ新規園芸作物用殺菌剤「ザンプロDMフロアブル」を上市する。有効成分アメトクトラジン(ブランド名「イニシウム」)を含む農薬の登録取得は、日本では初めてとなる。

 イニシウムは病原菌細胞内のミトコンドリア内の呼吸鎖を阻害して殺菌する作用がある。この作用機作は新しい分類であり、これに分類される薬剤は現在イニシウムのみ。つまり、ほかの剤の耐性菌とは交差抵抗性を示さないというのが最大の特徴だ。
 世界的には2010年に初めて登録され、現在まで50カ国以上で、ブドウ、バレイショ、トマト、レタスなど30作物以上に使われている。
 日本での農薬登録取得は今回が初めてで、バレイショ、トマトの疫病、ブドウのべと病に高い効果を発揮する。また、表面ワックス層に高い親和性があるため高い耐雨性・残効性を持つほか、浸達性があるため治療効果も高い。バレイショでは収穫前日まで使えるのも大きな特徴だ。
 イニシウムを含んだ農薬としては、6月中旬にゴルフ場管理向け芝生用殺菌剤「ザンプロターフ」も上市する。
 同社は「日本の園芸作物農家やゴルフ場キーパーに画期的な農薬を提供することができたことを喜ばしく思う。今回発売する両製品により、より効果的に病害防除ができると確信している」(奥村博・化学品・農薬統括本部農薬事業部マーケティング部長)と普及に期待している。

 (左から)園芸用「ザンプロDMフロアブル」、ゴルフ場用「ザンプロターフ」 

(写真)
(左から)園芸用「ザンプロDMフロアブル」、ゴルフ場用「ザンプロターフ」


(関連記事)

2つの作用で高い効果「プリンススピノ粒剤6」(2014.03.07)

13年業績、農業・エネルギーが好調 BASF(2014.03.04)

水稲用初期除草剤「かねつぐ」を上市 BASF(2014.01.09)

【農薬登録情報】BASF嵐プリンススピノが登録(2013.12.10)

2020年までの農業関連売上目標を上方修正 BASF(2013.10.18)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ