左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

13年業績、農業・エネルギーが好調 BASF2014年3月4日

一覧へ

 BASF(本社、ドイツ・ルートヴィッヒスハーフェン)は2月25日、2013年の業績を発表した。売上高、利益ともに前年比増となった。

 売上高は前年に比べて3%増の740億ユーロだった。売上高が増えたのは、石油・ガス部門と農業関連製品部門の販売量が増えたのが要因。特別項目控除前営業利益(EBIT)は同8%増の72億ユーロ。純利益は微増の48億ユーロだった。また、営業キャッシュフローは79億ユーロとなり「過去最高レベルだった」(財務責任者)。
 農業関連製品部門は、売上高が同12%増の52億ユーロ、特別項目控除前EBITは同18%増の1億8500万ユーロと、ともに大きく増収増益となった。その要因としては、販売量と販売価格がわずかに上がったことに加え、「米国のベッカー・アンダーウッド社(農業関連事業会社)の買収が貢献した」と分析している。
 2014年の業績についてDr.クルト・ボック会長は、「頼もしい追い風は期待できないが、世界経済の回復は慎重ながらも楽観的」との見通しを立てた。また、世界の化学産業の成長率は「前年と同水準」と予想し、「買収や事業分離を除くかたちで販売量増をめざす。厳しい市場環境は続くが、好調な業績になる」として、売上高は減少するが、利益面では微増になると予測している。


(関連記事)

水稲用初期除草剤「かねつぐ」を上市 BASF(2014.01.09)

【農薬登録情報】BASF嵐プリンススピノが登録(2013.12.10)

2020年までの農業関連売上目標を上方修正 BASF (2013.10.18)

被災地に「あそび・いこいの場」 BASF(2013.09.06)

農業関連の売上高18%増 BASF上半期業績(2013.07.31)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る