左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米国で化学教育を支援 4年で100万ドル ダウ2015年1月27日

一覧へ

 ダウ・ケミカル(本社、米国・ミシガン州)は米国で、化学教育への支援として4年間で総額100万ドルを提供する。

 支援は、昨年設立された米国化学教師協会(AACT)に活動資金を提供するかたちで行う。同協会は世界最大の科学団体である米国化学界(ACS)が2014年に設立した団体で、日常生活に根ざした一流の科学教育の推進をめざしている。
 AACTによれば、米国の高校で化学を教える教員のうち、化学の学士を持ち、化学の教育免許を持つ者は35%程度しかいないという。
 ダウは、教師の支援、生徒の学力向上、キャリア開発などを行い、化学教育分野の未来の人材を育てる。具体的にはAACTと共同で、米国の各都市で教師サミットを随時開催するほか、マルチメディア教材、実験教材などを幼小中高校へ提供する予定だ。


(関連記事)

青果物の鮮度保持技術など売却 ダウ・ケミカル(2014.10.10)

【人事速報】ダウ・ケミカル本社 新役員決める(2014.09.11)

次世代科学者の育成プログラムに参加 ダウ(2014.04.08)

ロシアで浅耕農法推進 ダウ(2014.02.12)

新規殺虫剤が好調 ダウが2013年通期業績(2014.02.07)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る