Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「疫病」・「べと病」に卓越した効果 新規殺菌剤「デュポンゾーベックエニケード」上市 デュポン2016年4月22日

一覧へ

 デュポン(株)は4月20日、都内で新規殺菌剤「デュポンゾーベックエニケード」の製品発表会を行った。

新規殺菌剤「デュポンゾーベックエニケード」 「デュポンゾーベックエニケード」は平成28年4月13日付で農薬登録を取得。この5月から発売される。
 同剤の有効成分であるオキサチアピプロリンは、少量施薬でも疫病菌・べと病菌の生活環におけるさまざまなステージに作用することで、卓越した防除効果を発揮することが特長である。
 製品の大きな特長としては、
 1、上位葉、展開葉への移行性が優れていること。
 2、予防から感染初期まで、散布適期にゆとりがあること。
 3、有効成分のオキサチアピプロリンの大部分が葉の表面ワックス層に素早く吸収されるので、耐雨性に優れていること
 が挙げられる。
 製品コンセプトについてデュポンの後藤事業部長は「農家・生産者にとってのサクセス。豊かな実りと十分な収穫を実現することで、サクセスが広まることを祈念している。」と語った。
 また、販売会社となる丸和バイオケミカルの古塩アグロ事業本部長は「地域としては、全体の6割以上は北海道、作物としては、ばれいしょが中心になると考えている。」と普及販売の見通しを語った。
 登録作物は、ばれいしょ、トマト(疫病)。ぶどう、きゅうり、はくさい、レタス(べと病)。
 規格は100mlと500ml(500mlは北海道限定)、剤型はオイルベースのOD製剤だ。

今日のニュースへ戻る

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る