Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

インドの農薬事業会社株式を取得 住友化学2016年6月9日

一覧へ

 住友化学(株)は、このほどインドの農薬事業会社であるエクセルクロップケア社(以下ECC社)の株式44.98%を、創業家および金融投資家から買収することで合意した。

 インドの農薬市場は、過去5年の平均市場成長率が年率約6.4%であり、現在、世界第9位の規模にまで順調に成長している。同市場は今後も人口増加に伴う食糧増産の必要が高く、さらに成長していくものと予想されている。
 住友化学はこの市場動向を踏まえ、2000年には農薬の製造・販売拠点を設置し、2010年には現地農薬販売会社を買収するなど、インドでの事業基盤を着実に整えてきた。
 同社は、インドの農薬市場で第5位の売上規模を持つECC社の株式を44.98%買収し、さらにインド証券取引法の規定に従い、公開買い付けにより同社グループで最大75%までECC社の株式を追加取得する予定がある。
 同社は、ECC社の保有する豊富な製品ポートフォリオや販売チャンネルの活用を通じ、インド国外における農薬事業の強化にもあわせて取組む考えだ。
 ◎ECC社概要
・本社:インド共和国マハラシュトラ州ムンバイ
・創業:1941年
・設立:2003年
・事業内容:農薬の開発・製造・販売

(住友化学の関連記事)
水稲用倒伏軽減剤入り基肥一発肥料「楽一28N」を販売開始 住友化学 (16.03.09)

殺虫剤「ロディー水和剤」「アグロスダイアジノン乳剤40」の適用拡大(3月2日付) 住友化学 (16.03.03)

水稲一発処理除草剤「ゼータハンマー」などを発売 住友化学 (16.03.01)

ブラジルに農薬の研究開発拠点を新設 住友化学 (15.09.01)

売上高は前期比0.1%減の5566億円 住友化学 (15.08.03)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る