左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

水稲用倒伏軽減剤入り基肥一発肥料「楽一28N」を販売開始 住友化学2016年3月9日

一覧へ

 住友化学は、2016年1月18日付で肥料登録・農薬登録を取得した、新規水稲用倒伏軽減剤入り基肥一発肥料「楽一28N」(15kg袋)を2月12日に販売開始した。

水稲用倒伏軽減剤入り基肥一発肥料「楽一28N」住友化学 「楽一28N」は同社が「楽一」シリーズの最新作として開発した倒伏軽減剤「ウニコナゾールP」を含有した被覆肥料と複数種類の被覆尿素および化成肥料を配合した農薬入り配合肥料だ。
 同シリーズの主な特徴は、1.施肥作業の省力化、2.収穫作業の省力化、3.安定多収の米作り、4.品質の安定・向上など。主な推奨地域・品種は、東北地方のあきたこまちやひとめぼれ、西南暖地の早期栽培コシヒカリなどの倒伏し易い良食味米品種だ。
 既存の「楽一27」と比べ、推奨地域・品種はほぼ同じだが、窒素成分量を1%高め、農薬成分量を0.001%低くしたことで、窒素量が不足していた場面や、薬効が強すぎて窒素肥効とのバランスが悪く適用できなかった場面に「楽一28N」は適用できるようになった。
なお、「楽一28N」の使用量、成分量等は下記の通り。
・使用量:10aあたり20~40kg
・使用方法:水稲の耕起~代かき時の全面施用土壌混和(全層施肥)、および移植水稲の田植え時側条施用(側条施肥)、直播水稲のは種時側条施用
・農薬成分量:0.0030%
・肥料成分量:28.0-10.0-7.0%(左から窒素、リン酸、加里の順)
 同社は、「楽一」シリーズに「楽一28N」を加えることで肥料成分量、肥効、農薬成分量の異なる7銘柄を取り揃え、栽培の難しいコシヒカリ、あきたこまち、ひとめぼれなど倒伏し易い良食味米品種の栽培に対し貢献していきたい、としている。

※「楽一」は住友化学(株)の登録商標です。

(関連記事)
殺虫剤「ロディー水和剤」「アグロスダイアジノン乳剤40」の適用拡大(3月2日付) 住友化学 (16.03.03)

水稲一発処理除草剤「ゼータハンマー」などを発売 住友化学 (16.03.01)

ブラジルに農薬の研究開発拠点を新設 住友化学 (15.09.01)

売上高は前期比0.1%減の5566億円 住友化学 (15.08.03)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る