左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新規殺センチュウ剤「ネマクリーン粒剤」を販売 日本農薬2018年1月30日

一覧へ

 日本農薬(株)(本社:東京都中央区、友井洋介社長)は、かねてより新規殺センチュウ剤「ネマクリーン粒剤」の農薬登録を申請していたが、平成29年8月9日付で農薬登録を取得、平成30年2月9日より販売を開始する。

日本農薬の殺線虫剤「ネマクリーン粒剤」10kg 「ネマクリーン粒剤」の有効成分フルオピラムは、バイエルクロップサイエンス(株)が発明し、日本農薬が殺センチュウ活性を見出した新規殺センチュウ剤だ。
 フルオピラムは、殺センチュウ剤分野では新規骨格の化合物であり、各種センチュウに対して高い活性を示す。平成26年より「ネマクリーン粒剤」は、(一社)日本植物防疫協会を通じて新農薬実用化試験にて評価され、優れた防除効果が確認されている。
 「ネマクリーン粒剤」は、ネコブセンチュウ、ネグサレセンチュウ、シストセンチュウなど各種センチュウに活性を有し、効果の持続性に優れ、高い防除効果を示すことから、同社では農産物の品質向上と安定生産に貢献するものと考えている。
 また、多くの天敵・有効昆虫に対する影響が少ないことから、生産場面でIPM(総合的病害虫管理)資材として、有効に活用することができる。同社は本剤の特長を活かし、使用場面のニーズに合わせて普及販売に注力していく方針だ。

(写真)ネマクリーン粒剤 10㎏入

 
 日本農薬は、安全で安定的な食の確保と、豊かな生活を守ることを使命として、社会に貢献することを基本理念に掲げ、農業生産に貢献すべく、新規農薬の創出に注力してきているが、平成19年「フェニックス顆粒水和剤」、平成22年「アクセルフロアブル」、「コルト顆粒水和剤」、平成27年「ダニコングフロアブル」、「ダブルフェースフロアブル」に続き、このたび「ネマクリーン粒剤」の販売を開始することとなった。
 同社は、新規農薬の創出により、今後とも品目ポートフォリオの一層の充実に努めていく方針だ。

 

(関連記事)
コロンビアAdnicol社を子会社化 日本農薬(17.12.28)
子会社ハイデラバード社の商号変更 日本農薬(17.12.22)
【人事異動】日本農薬(12月19日付)(17.12.11)
機構改革を発表(12月19日付) 日本農薬(17.12.06)
バイエルがJA全農と種子処理剤を共同開発(17.03.07)
さらに深く日本の農業へ バイエル仁木理人本部長インタビュー(17.02.17)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る