左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

バイエルがJA全農と種子処理剤を共同開発2017年3月7日

一覧へ

 バイエル クロップサイエンス(株)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ハーラルト プリンツ)は、JA全農と共同開発した種子処理剤「ルーチンFS」と「キラップシードFS」2剤の販売を、3月1日より開始した。

 「ルーチンFS」は、いもち病防除の有効成分イソチアニルを含有する水稲育苗箱・湛水直播水稲用の種子処理剤だ。イソチアニルは、既存の薬剤耐性イネいもち病菌に対しても有効で、浸透移行性に優れており、長い残効性を有している。
 「キラップシードFS」は、イネミズゾウムシ防除の有効成分エチプロールを配合する湛水直播水稲用の種子処理剤だ。エチプロールは浸透移行性に優れ、地上部だけでなく地下部にも分布することで、根部を食害するイネミズゾウムシの幼虫防除にも効果が高い。
 同剤は、いずれも播種前の種籾に直接処理することで、本田での薬剤防除と比較し、大幅な省力化が可能となる。また同剤を処理した鉄コーティング種子は、約6カ月間の保存が可能であるため、農閑期に処理することにより、多忙な春先の作業を軽減できる。
右から「ルーチンFS」「キラップシードFS」◎「ルーチンFS」概要
○適用作物:稲(箱育苗)・湛水直播水稲
○適用病名:いもち病
○希釈倍数:原液2倍
○使用時期:播種前

◎「キラップシードFS」概要
○適用作物:湛水直播水稲
○適用病害名:イネミズゾウムシ
○希釈倍数:原液1.5倍
○使用時期:播種前

 両剤とも使用方法は塗沫処理、吹きつけ処理。荷姿は同じく400ml×20本で、3月1日より販売を開始した。販売は共に商系ルートがバイエル クロップサイエンス(株)、系統ルートはクミアイ化学工業(株)が担当する。
(写真)右から「ルーチンFS」「キラップシードFS」

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る