農薬 ニュース詳細

2019.01.09 
残留農薬検査を特別価格で分析 ビジョンバイオ一覧へ

 検査試薬開発販売などを行うベンチャー企業、ビジョンバイオ(株)が、期間限定で残留農薬検査「検疫所モニタリング対応パッケージ」と「生鮮食品安心パッケージ」を企画した。定価から最大4万1000円引きとなる。

 検疫所では、輸入食品監視指導計画に基づき5種類の畜水農産食品と加工品について、残留農薬のモニタリング検査を実施している。そこで同社は野菜、果物、穀類・豆類および種実類などについてモニタリング対象になっている検査項目に合致した「検疫所モニタリング対応パッケージ」と、穀物や野菜などの農産食品141種類のうち131種類の生鮮農産食品の国内農薬残留基準値に応じた一斉分析ができる「生鮮食品安心パッケージ」を体験価格で提供している。
 「検疫所モニタリング対応パッケージ」は10万9000円から13万6000円、「生鮮食品安心パッケージ」は13万6000円で利用できる。いずれも税別、土日祝日を除く15営業日で結果が分かる。
 キャンペーン期間は3月29日まで。検査品の同社到着分までが対象となる。
 詳細は、ビジョンバイオ株式会社食品検査センターの残留農薬検査の料金と検査期間で確認できる。

 

(関連記事)
輸出相手国の残留農薬基準に対応した防除マニュアル公表 農水省(16.11.02)
「農作物・生産者・環境」の安全守る 農薬危害防止運動(17.05.31)
農薬GLPの認証を取得 JA全農営農・技術センター(15.09.11)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ