左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

初・中期一発処理除草剤「ドリフ 1キロ粒剤」を発売 バイエル2019年3月19日

一覧へ

 バイエル クロップサイエンス(株)は、4種類の成分を配合した殺草スペクトラムが広く、散布適期幅の広い初・中期一発処理除草剤「ドリフ 1キロ粒剤」を、3月18日より販売開始した。

初・中期一発処理除草剤「ドリフ 1キロ粒剤」 バイエル.jpg

 ドリフ1キロ粒剤」の4成分のうち、トリアファモンは、ノビエのほか、クログワイ、オモダカ、コウキヤガラ等の難防除多年生雑草および難防除の多年生イネ科雑草のキシュウスズメノヒエに対しても高い効果を示す。
 また、フェントラザミドは、ノビエおよび一年生広葉雑草に、クロメプロップは、SU抵抗性も含む一年生広葉雑草やホタルイに、エトキシスルフロンは、広葉雑草に対して、それぞれ高い除草効果を示す。
 この4成分を最適配合することで、SU抵抗性雑草を含むほぼ全ての水田雑草に対して、高い除草効果を実現したとバイエルでは考えている。


【ドリフ 1キロ粒剤の特長】
〇4成分、トリアファモン、フェントラザミド、クロメプロップ、エトキシスルフロンを最適配合
〇殺草スペクトラムが広く、散布適期幅の広い、初・中期一発処理除草剤
〇ノビエや難防除多年生雑草、SU抵抗性雑草、特殊雑草など、ほぼ全ての水田雑草に対して、高い除草効果
〇田植同時散布が可能
〇水稲に対する高い安全性
〇新規需要米(WCS、飼料米等)に使用可能

 

(関連記事)
バイエル「アドマイヤー(R)プラスフロアブル」販売開始(19.03.11)
ネコブセンチュウとコガネムシを同時防除 「ビーラム(R)プラス粒剤」販売開始 バイエル(19.02.08)
共同ドローンビジネス開発で独占契約-バイエルクロップサイエンス(18.11.19)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
シンジェンタ右上縦長PC
DiSC右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る