農薬 ニュース詳細

2019.02.08 
ネコブセンチュウとコガネムシを同時防除 「ビーラム(R)プラス粒剤」販売開始 バイエル一覧へ

 バイエルクロップサイエンス(株)は、ネコブセンチュウとコガネムシ類を同時に防除できる「ビーラム(R)プラス粒剤」を2月12日から販売開始する。

ビーラムプラス製品画像(バイエル) この「ビーラム(R)プラス粒剤」は、ネコブセンチュウに優れた効果を発揮するビーラム(有効成分:フルオピラム)と、コガネムシ類に優れた効果を発揮するアドマイヤー(有効成分:イミダクロプリド)の混合剤だ。
 1回の処理で、カンショで問題になるネコブセンチュウとコガネムシ類を同時に防除できる省力的な薬剤だ。残効性に優れ、臭気が少なく扱いやすい粒剤というのも大きな特徴だといえる。また、被覆やガス抜きなどの作業が不要なので散布後すぐに植付けが可能だ。
 販売は2月12日から商系(バイエル)で開始される。荷姿(写真)は、20kg、使用量は10a20kg、使用方法は全面土壌混和となっている。

 


(関連記事)
新規水稲用除草剤「カウントダウン」販売開始 バイエルクロップサイエンス(19.01.10)
共同ドローンビジネス開発で独占契約-バイエルクロップサイエンス(18.11.19)
「理科っ子になる夏」 バイエルが今年も体験型学習イベント開催(18.08.08)
画期的な殺線虫剤「ビーラム粒剤」を発売(18.02.15)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ