農薬 ニュース詳細

2019.05.20 
水稲の縞葉枯病の発生が一部で多くなる「病害虫発生予報第2号」一覧へ

 農林水産省は、5月15日、向こう1か月の主な病害虫の発生予察情報を発表した。それによると、水稲では縞葉枯病の発生が南関東および北陸の一部の地域で多くなると予想している。

 気象庁の向こう1か月の予報(5月9日付)では、全国的に気温は高く、降水量は日本海側は平年並みか少ない、沖縄・奄美は平年並か多いと予想している。

 

【水稲】
 縞葉枯病の発生が、南関東及び北陸の一部の地域で多くなると予想されているほか、埼玉県から注意報が発表されている。ヒメトビウンカがウイルスを媒介することにより発病するため、当該虫を対象とした防除を実施することが対策上重要になる。

 

【麦類】
 赤かび病の防除は、感染しやすい時期を捉えた薬剤散布が重要。麦の種類に応じて以下の通り、適切な時期に最初の薬剤散布を行うこと。

小麦:開花を始めた時期から開花最盛期まで
二条大麦:穂揃い期の10日後
六条大麦:開花を始めた時期から開花最盛期まで

 冬から今春にかけて気温の上昇が大きかった地域では、平年よりも早く出穂しているほ場もあることから、都道府県の提供する発生予察情報を参考に、地域ごとの散布適期を確認して適切に薬剤散布を実施する。

 

【野菜・花き】
◎イチゴ
 ハダニ類の発生が、四国及び北九州の一部の地域で多くなると予想されている。本虫は、気温の上昇とともに増加する傾向があり、発生密度が高くなってからでは防除が困難となる。ほ場の観察をきめ細かく行い、発生初期に防除を実施する。

 

【果樹】
◎カンキツ
 ハダニ類の発生が、東海、四国及び北九州の一部の地域で多くなると予想されている。園内を注意深く観察し、発生状況に応じて防除を実施すること。

◎ナシ
 黒星病の発生が、北東北及び近畿の一部の地域で多くなると予想されている。対策にあっては、り病部の除去、薬剤散布等の防除を実施する。また、薬剤の選定にあっては、都道府県の発表する発生予察情報等を参考にする。

◎モモ
 せん孔細菌病の発生が、南東北、東海、近畿及び中国の一部の地域で多くなると予想されており、前回の予報発表以降に和歌山県、岡山県、愛知県および福島県から注意報が発表されている。
 本病は、春期に枝に形成される春型枝病斑(スプリングキャンカー)が伝染源となり、降雨や風により発生が助長される。
 前年の発生が多かった地域では、当該病斑が形成されやすい環境となっているため発生が多くなると予想される。園内を注意深く観察し、発病枝が確認されたら確実に除去し園外に持ち出し処分すること。

◎リンゴ
 黒星病の発生が、北海道及び東北の一部の地域で多くなると予想されており、北海道および岩手県から注意報が発表されている。本病の対策にあっては、り病部の除去、薬剤散布等の防除を実施する。
 また、本病はDMI剤等に対して耐性菌が発生しているので、薬剤の選定にあっては、都道府県の発表する発生予察情報等を参考に適切に選定すること。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ