想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

チャットボットサービス開始 日本農薬2019年6月5日

一覧へ

 日本農薬は、ホームページ上のキャラクターがさまざまな案内をする「チャットボットサービス」を開始した。

 チャットボットは、「チャット(対話)」と「ボット(ロボット)」を組み合わせた言葉で、対話形式の自動応答プログラム。同社のホームページ上に表示されているキャラクターアイコンからウィンドウを立ち上げ、興味のあるメニュー を選択するか、メッセージ欄に単語を入力するとキャラクターが対話形式で案内する。
 サービスの初期段階では、農薬を使った作物の安全性、農薬登録の流れ、農業場面の病害虫解説やおすすめ製品の紹介などに限定して回答するが、その後、入力される単語から利用者の興味や関心を分析し、ニーズに合ったコンテンツを徐々に充実させていく予定。
 同社が取り組む「明日の農業女子を考える日農」プロジェクトの中で生まれたサービスで、農林水産省が推進する「農業女子プロジェクト」へ参画する中で立ち上げた取り組みだ。
 同チャットボットサービスの「農薬を使った作物の安全性」、「農薬登録の流れ」の部分は、農業女子メンバーからの「農薬を使った作物を食べても安全と言えるのはなぜか?
 消費者に分かりやすく説明したい」という声をヒントに構成されている。また、チャットボットのシステムは、同じく「農業女子プロジェクト」の参画企業であるNTTドコモが開発するシステムを利用している。

「明日の農業女子を考える日農」プロジェクト日本農薬株式会社

「農業女子プロジェクト」(農林水産省)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る