Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

微生物農薬市場 消費者の残留農薬への意識の高まりが成長を後押し2020年4月17日

一覧へ

 グローバルインフォメーション(神奈川県川崎市)は4月16日、市場調査レポート「世界の微生物殺虫剤(生物農薬)市場:成長、動向、および予測」 (発行:Mordor Intelligence LLP)を発売した。

微生物農薬市場の作物タイプ別シェア微生物農薬市場の作物タイプ別シェア

 同調査では、世界の細菌バイオ農薬市場は、2020年から2025年の予測期間中に年平均成長率(CAGR)12.8%で推移すると予測。急速に成長する有機農業は、細菌性バイオ農薬の新興技術に関しては、さまざまな成長促進因子と阻害因子がある。

 従来の農薬は、鳥、昆虫、哺乳動物などの生物に有害である可能性があるが、微生物農薬は、合成農薬よりも害が少なく、標的となる害虫とそれに密接に関わる生物にのみ作用。また、取り扱いやすさが細菌バイオ農薬の採用を促進しているという。


◆セグメント別予測:果物・野菜の需要が増加
 作物タイプ別では、合成農薬の残留がない新鮮な果物や野菜への消費者の意識の高まりから、果物と野菜のセグメントが2019年に最大のシェアを占め、世界中で有機農業による作付面積が増加した。

 有機栽培の果物と野菜における価格プレミアムは、まだ収穫機会を損失した際に生じるコストとの採算が取れていないが、果物と野菜では細菌性バイオ農薬の需要は依然として高いと予想。予測期間中の年平均成長率は18.13%と見込まれている。

 

◆地域別予測:アジア太平洋が最速で成長
 アジア太平洋地域は、インドや中国が牽引しており、需要面で急速な成長が見込まれている。また、アジア太平洋およびラテンアメリカの発展途上地域の市場でも成長が期待されている。

 発展途上地域における有機栽培面積は、2017年に全世界で最大となる300万ヘクタールを超え、穀物の全作付面積のうち、0.3%が同地域で有機栽培されていると推定されている。

 有機農家の数では、インドが最も多く80万人を上回る。新鮮な農産物(主に果物と野菜)における残留合成農薬への消費者の意識の高まりが、同地域の細菌性バイオ農薬の需要を後押しすると予想されている。


【世界の微生物殺虫剤(生物農薬)市場:成長、動向、および予測の詳細目次】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る