Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

2020年3月期決算短信を公表 日本農薬2020年7月10日

一覧へ

日本農薬は7月9日に2020年3月期の決算短信を公表した。

同社は2019年12月20日開催の定時株主総会の決議により決算日を9月30日から3月31日に変更したため、当連結会計年度の業績に関する前期比増減の記載は省略している。当連結会計年度における同社のグループ売上高は356億7400万円、営業利益は40億500万円、経常利益は40億400万円、親会社株主に帰属する当期純利益は特別損失として連結子会社Sipcam Nichiro Brasil S.A.に係るのれんの減損損失を計上したため140億円7700万円。セグメント別の概況は次のとおり。

◎農薬事業
売上高は327億4000万円、セグメント利益(営業利益)は35億700万円。国内農薬販売では、新製品3剤の販売を開始し品目ポートフォリオの拡充を図るとともに水稲用殺菌剤「ブイゲット」などの主力自社開発品目の普及拡販に努めた。海外農薬販売では、インドでNichiro India Pvt.Ltd.の乾季作向け農薬販売が堅調に推移。アメリカでは新型コロナウイルス感染症拡大による流通への影響懸念から荷動きが早まりNichiro America,Inc.の前倒し出荷が進んだ。欧州では殺菌剤「モンカット」や除草剤「ET」の販売が好調に進展し、Nichiro Europe Co.,Ltd.の売上高が伸長した。ブラジルでは農薬需要は回復したものの競争激化からSipcam Nichiro Brasil S.Aの販売が伸び悩んだ。

◎農薬以外の化学品事業
売上高は18億5500万円、セグメント利益(営業利益)は6億3900万円。化学品事業では、シロアリ薬剤分野で株式会社アグリマートとの協働による販売戦略が奏功し、売上高が伸長した。医薬品事業では、外用抗真菌剤「ルリコナゾール」の爪白癬分野の販売が好調に推移した。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る