想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

環境負荷の少ない新規殺虫成分 登録申請を豪州・韓国で開始 BASF2021年1月28日

一覧へ

BASFは、新規殺虫剤有効成分Axalion(アクサリオン、一般名:ジンプロピリダズ)を世界各地で登録開始。オーストラリアと韓国での農薬登録に向けて、関連書類を規制当局に提出した。EU、ブラジル、インドでは2021年に申請予定で、その他主要市場でも、今後数年のうちに関連書類の提出を予定している。

環境負荷の少ない新規殺虫成分 登録申請を豪州・韓国で開始 BASF

今回の登録は、同社の世界的な殺虫剤のポートフォリオをさらに拡大し、農業への持続可能なイノベーションを提供していく上で、同社のポジションを強化する重要なマイルストーンとなる。BASFアグロソリューション事業本部の殺虫剤研究担当バイスプレジデントのハロルド・バスティアンス氏は「Axalionは農作物の害虫の防除に効果がある一方、花粉媒介昆虫や害虫の天敵を含む有用昆虫に対する影響は比較的小さく抑えられる。新しい有効成分は、全ての研究開発プロセスで持続可能性の基準を組み込むことに成功した1つの事例」と説明する。

有効成分のAxalionは、その新規の作用機構と植物体内での浸透移行性により、コナジラミ類やアブラムシ類を含む様々な吸汁性害虫の防除に特に有効で、生産者は収益に影響する大幅な収量損失を防ぐことがでる。また、害虫の摂食を迅速に停め、植物の養分損失を減らすとともに害虫による病害の媒介を防ぐため、高い収量が得られる。同社の試験によると、Axalionを適切に使用した場合、土壌や水産動植物、花粉媒介昆虫や害虫の天敵を含む有用昆虫と鳥類に対して、環境負荷が少ないことが示された。

BASFアグロソリューション事業本部グローバルストラテジックマーケティング、殺虫剤担当バイスプレジデントのニール・ベントレー氏は「予測通りに信頼できる効果を発揮するAxalionは、生産者にとって総合的な病害虫管理の不可欠なツールになる。作物を保護するとともに、既存の害虫管理のツールが長期的に利用できるようになる」と話している。Axalionは、ブドウやじゃがいもを含む、果樹や野菜の幅広い作物で登録。大豆やその他のマメ類、綿花、穀物などの畑作物も追加登録の対象で、花き類の生産者に対応する。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る