Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
全農ビジネスサポート:センター上:PC
全農ビジネスサポート:センター上:SP

新規殺虫剤「フルピリミン」IRACの新規サブグループ4Fに分類 Meiji Seikaファルマ2021年5月11日

一覧へ

Meiji Seikaファルマは5月10日、新規殺虫剤「フルピリミン」がIRAC(Insecticide Resistance Action Committee)の新規サブグループ4Fに分類されたことを発表した。

同社が開発した「フルピリミン」は、既存の殺虫剤とは異なる作用機作を持つ新規殺虫剤。ニコチン性アセチルコリン受容体に結合し、アンタゴニスト(遮断薬)として作用するもので、IRACグループ4の新規サブグループ4F(ピリジリデン系)に唯一の薬剤として分類された。

初期害虫、ウンカ類、チョウ目害虫などの幅広い害虫に高い効果を示すとともに、各種殺虫剤に対し感受性が低下した害虫に対しても効果を示す。また、ミツバチに対する毒性が低く(急性経皮毒性LD50:>100μg/bee、急性経口毒性LD50:>53.6μg/bee)、環境に与える負荷が小さいことも特長だ。

「フルピリミン」を含有する製剤は、「リディア箱粒剤」、「エミリア フロアブル」として国内で販売。農家のニーズに応じた製剤のラインナップを今後揃えていく。また、海外でも開発を進めており、アジア地域での水稲分野とグローバル種子処理分野で同社は、アリスタライフサイエンスに独占的な開発、販売権を許諾している。

最新の記事

愛知製鋼右上:SP

JA人事

ヤンマーSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る