おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

バイオ農薬市場 2030年まで年平均成長率13.9%で成長の見込み2022年4月4日

一覧へ

REPORT OCEANは3月29日、バイオ農薬市場に関する最新レポートを発行。同レポートによると、同市場は2022年から2030年までの予測期間において、年平均成長率(CAGR)13.9%で推移している。

バイオ農薬は、植物、動物、バクテリア、鉱物などの天然資源から作られた農薬で、害虫を駆除する天然物質(生物化学農薬)、害虫を駆除する微生物(微生物農薬)、植物の成長を調節する生化学物質など。防虫、防疫、雑草防除、線虫防除などの農法で生物農薬を使用することにより、植物の生理機能や生産性を向上させることができる。生物農薬は、有益な昆虫や野生動物など、非標的生物に害を与えず、多くの生物農薬は生分解性でもあるため、速やかに分解され、地表水や地下水に害を与えることはない。

市場成長への影響要因として、世界的な有機食品・農業の拡大により、生物農薬の需要が高まり、生物農薬市場全体の成長を後押ししている。また、対象となる害虫に対する特異性が高く、生物農薬のコストが高いことが、市場全体の成長を鈍化させる要因の一つとなっている。さらに、大手作物保護企業による生物農薬分野への投資の増加、生物農薬の使用による環境安全性に対する意識の高まり、生物農薬の使用を促進するための政府の取り組みといった要因が、世界市場に燃料を供給している。

新型コロナウイルスの影響分析

新型コロナウイルスの影響は労働移動の制限、生産工場の閉鎖、製品需要の減少を引き起こし、市場の拡大を妨げた。生物農薬市場は、物流や輸送に加えて、原材料から製造、包装、流通に至るまで、バリューチェーンのすべての段階で中断を経験。さらに、この業界は、製造や貿易業務に支障をきたすロックダウンによる深刻な労働力不足に見舞われた。市場のキャッシュフローが低いため、2020年には農家のバイオ農薬に対する需要が減少しらことで、生物農薬メーカーの利益率に圧力がかかっている。

アジア太平洋地域は2021年に世界市場の大半のシェアを占め、予測期間中も優位性を保つと予測される。アジア太平洋地域には農業経営が存在し、さまざまな害虫、昆虫、汚染物質向けに設計されたさまざまな微生物や捕食者の生物農薬が入手できるため、この地域で市場が成長している。アジア太平洋地域における農業部門の成長が、生物農薬製品の需要を促進しており、場の成長につながる。

世界の生物農薬市場における主な企業は次の通り。

AgBioChem, Incorporated
AgBiTech Pty Limited
Ajay Bio-Tech Limited
Amit Biotech Pvt. Limited
Andermatt Biocontrol AG
Arizona Biological Control, Incorporated
BASF SE
Bayer AG
Kemin Industries
Novozymes A/S
Other Prominent Players

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る