おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

クロップサイエンス部門の利益は約50%増 2022年第1四半期 独バイエル2022年5月18日

一覧へ

ドイツ・バイエル社は5月10日、2022年度年第1四半期の決算を発表した。グループ売上高は前年比14.3%増の146億3900万ユーロ。クロップサイエンス部門(農業関連事業)とコンシューマーヘルス部門は大幅な増収増益となった。

バイエルグループの2022年第1四半期の売上高は、為替とポートフォリオの影響の調整後で14.3%増加して、146億3900万ユーロとなった。

特別項目計上前EBITDAは、27.5%増加して52 億5100万ユーロ。為替のプラス影響は売上高に5億2900万ユーロ(2021年第1四半期:-9億3800万ユーロ)、特別項目計上前EBITDA に6700万ユーロ(2021年第1四半期:-3億3700万ユーロ)の恩恵をもたらした。

EBITは36.6%増えて42億1200万ユーロ。この数値には、特別利益純額4000万ユーロ(2021年第1四半期:1500ユーロ)が含まれ、主にグリホサート訴訟関連引当金に関するもの。当期純利益は57.5%増加して32億9100万ユーロ。継続事業からの1 株あたりコア利益は36.3%増えて3.53ユーロとなった。

第1四半期のグループの売上高と利益は、ロシアのウクライナ侵攻によるマイナスの影響を受けなかった。事業面では、ロシアとウクライナは同社の主要上位10か国に入っておらず、全売上高に占める両国の割合は合計で約3%。

クロップサイエンス部門の売上高は、販売価格と販売量の大幅な増加により21.6%増えて、84億4700万ユーロ。バイエルの売上高はすべての地域で2桁の増加となり、特に除草剤が59.8%増、と殺菌剤は18.6%増と伸長した。

除草剤は北米地域で特に力強い伸びを示した。一方で殺菌剤はすべての地域で2桁の増収。トウモロコシ種子と形質は、主にすべての地域における販売価格の上昇により売上を伸ばした。また、ヨーロッパ・中東・アフリカ地域、中南米地域、アジア・太平洋地域では、販売量の増加が売上につながった。大豆種子および形質の売上高は前年同期と同水準で、北米地域では販売価格の上昇により前年同期を上回り、中南米地域では販売量の減少により前年同期を下回った。

クロップサイエンス部門の特別項目計上前EBITDAは、主に販売価格の上昇により49.9%増加し、36億6900万ユーロ。バイエルは、販売量の増加と進行中の効率性改善プログラムの効果があった一方、主に高インフレを要因とする売上原価を中心としたコストの増加により、利益は押し下げられた。為替は9800万ユーロのプラス影響をもたらした。

特別項目計上前EBITDAマージンは6.6%・ポイントと大幅に上昇し、過去最高の43.4%となった。為替の影響はこれに0.8%・ポイントのマイナス影響を及ぼした。

コンシューマーヘルス部門は増収増益

セルフケア製品(コンシューマーヘルス部門)の売上高は17.2%と大幅に増加し、15億1200万ユーロ。前年同四半期がパンデミックの影響で低調だったことによるもの。売上高は再び幅広い範囲にわたって増加し、すべての地域と領域が貢献した。アレルギー薬と感冒薬領域では、咳および感冒薬においてバイエルの市場シェアは比較的小さいにもかかわらず、売上高は38.7%増加し、売上増に最も大きく貢献。栄養補助食品領域も、市場成長率を上回る強力なブランドにより、15.4%の高い四半期成長率を上げた。

最新の記事

コルテバ・リンズコア右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る