2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

北興化学工業株式会社 楽粒シリーズの販売開始!2022年6月28日

一覧へ

北興化学工業株式会社は今シーズンに販売を開始した水稲用除草剤「サキガケ楽粒」「ワザアリ楽粒」の優れた拡散性を知ってもらうため、全国で1,000カ所以上の展示ほを計画し、実証している。特に除草剤処理の時間的な省力化に貢献が期待される。

楽粒商品楽粒商品

楽粒シリーズの大きな特長は「1ヘクタールほ場」でも水田の中に入らず、畦畔からの風上一辺処理でほ場全体に拡散する。

製剤には三つの工夫がある①楽粒が水面に散布されると瞬時に界面活性作用を発揮する。②粒の大きさ、形が異なり水面であらゆる方向に拡散する。③粒が漂いならがゆっくり溶けることで成分がほ場の全体に広がる。
これを視覚的に実感できるように、浮遊剤(白い粉)を使用して、写真のような実験をほ場で実施した。楽粒は水面を滑るように拡散する力を借りて、成分をほ場の隅々まで行き渡らせる。

楽粒拡散

楽粒の散布方法の紹介

楽粒の湛水散布は、今まで通りにほ場に水を張る(目安:水深5~6cm)。風上の畦畔を歩きながら、一辺からのみ処理するだけでよい(これを「一辺処理」という)。既存の1キロ粒剤は均一散布を基本としているが、楽粒は250g/10アールをほ場に入れるだけでよく、言い換えれば、不均一に散布しても楽粒は自由に拡散する。この簡便さを一度体験してほしい。

その他にも様々な散布方法ができるのも魅力の一つである。

サキガケ楽粒を例に紹介すると「湛水周縁散布、水口施用、無人航空機による散布」もでき、もちろんドローン散布も対応している。

さらに、楽粒シリーズは個装のままで散布することができる。まず、ハサミで開口部分を作って簡単に散布できるようになっている。また、大きな容器に移して、計量カップ、オイルジョッキ、柄杓などの道具、動力散粒機でも散布ができる。散布しやすい方法を自身で選べる。

時間的な省力については展示ほで実証している。

楽粒は1ヘクタールほ場の風上の一辺処理(短辺畦畔から散布)で、3分程度で散布が完了する事例もある(同社調べ)。できる限り、短時間で簡単に散布してほしい。

特に問い合わせが多いのが、ドローンでの散布

開度設定はドローンの機種ごとに異なるが、現状問題なく散布できる。様々な機種があるので展示ほで散布実績を重ねたい。

展示ほでは、散布したオペレーターから、1.4ヘクタールほ場で従来の粒剤では、ドローンのバッテリーは二つ以上消耗したが、一つのバッテリーで消耗率は約30%、とても効率的であり、さらに楽粒は不均一に散布してもよく、ほ場の中に所定量を投下するだけなので、ほ場端のフライトは不要、ドローン散布の経験が浅い人でもプレッシャーがなく、安心して散布ができると好評を得ている。

北興化学工業株式会社は農薬に携わり70年を超え、散布労力の大変さを理解している。少しでも軽減できないか考え、「時間が掛からない」「誰でも簡単に散布できる」「体力(労力)を使わない」を追求して、楽粒が誕生した。これからも楽粒のラインナップを充実させ、省力化に貢献する取り組みを継続していく。

【楽粒紹介(動画)】

【楽粒上手な使い方(動画)】

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る