2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

化学品流通市場 農業分野は2030年に250億米ドル到達予測2022年9月22日

一覧へ

グローバルインフォメーションは9月20日、市場調査レポート「化学品流通の世界市場 (2022年~2030年):市場規模 ( 製品・エンドユーザー別)・地域的展望・COVID-19の影響・成長の潜在性・価格動向・競合市場シェア・予測」(Global Market Insights Inc.)の販売を開始した。

同レポートによると、化学品流通市場は、主要企業間の戦略的提携の拡大により、2030年までに目覚ましい成長を遂げると予想されている。化学品流通事業を営む主要企業は、その成長戦術として、製品ラインの拡大、M&A、コラボレーション、パートナーシップを実施することにより、グローバルなフットプリントを拡大することに注力してきた。

6月にBrenntagは、Al-Azzaz Chemicals Companyと提携。このパートナーシップは、潤滑油、食品、コーティング、建設に焦点を当てた、アラビア半島の特殊化学品の大手販売会社の1つとBrenntagの存在を拡大することを目的としている。さらに、技術的なブレークスルーの増加と政府支援の拡大が、近い将来、化学品流通業界の規模を拡大させる可能性がある。

化学品流通市場は、製品、最終用途、地域別に分類。製品別に、市場は、2022年~2030年の間顕著な年平均成長率(CAGR)で拡大し、2030年までに評価額の目標を保持すると予想される。これは、農薬、肥料、製薬業界における特殊化学品の需要増に起因しており、世界的な疾病の急増により、重要な薬剤の発見と供給に向け、製品の採用が進んでいることによるもの。また、特殊化学品メーカーが、包装、物流、倉庫管理など、さまざまなサービスを提供する第三者流通企業へと急速に移行していることも、今後数年間におけるセグメントの拡大を後押しする可能性がある。

最終用途別に、市場は、農業分野での化学品流通の需要が増加すると予測される。農業分野は、2022年~2030年の間CAGR5%で成長し、2030年には250億米ドルを超える評価額になると予測されている。収量目標を高め、植物の成長を調整するために、農薬や肥料などの人工化学物質に依存する農業セクターの増加は、業界の展望に影響を与える可能性がある。

これらの化学物質を環境に放出することで、植物や動物、人間の健康に悪影響を与える雑草や昆虫を抑制し、農薬に対する需要が高まり、化学品流通業界の展望を後押しする可能性がある。

地域別に、ラテンアメリカ市場は、2030年までに290億米ドルの評価額に達すると予測。同地域では、電子商取引とデジタル化が台頭しており、最終用途業界全体で化学品流通に対する需要を押し上げている。ラテンアメリカの市場規模は、2022年から2030年にかけてCAGR3%超を記録すると予想。さらに、商品価格の低下と地域プレーヤーの戦術的提携が拡大することで、今後、市場が勢いを増す可能性がある。

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る