秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農薬:防除学習帖

トマト防除暦の作成41【防除学習帖】第175回2022年11月12日

一覧へ

現在、防除学習帖では病原菌の種類別にその生態や防除法を紹介しており、現在、不完全菌類の病害を紹介している。

1.葉かび病

(1)発生生態と被害
トマト葉かび病は、Cladosporium fulvum という糸状菌によって起こる病害で、20~25℃で密植栽培や過度の灌水など多湿条件や葉色が濃い(窒素過多)といった条件の時に発生が多くなる。
トマトの葉に発生し、最初、葉表に淡黄色の小斑点が発生し、その裏には、緑褐色のビロード状のかびが密に発生する。トマトの生育が不良になって、収量と品質の低下を起こし、ひどい場合には株が枯死する。
被害茎葉や種子、あるいは栽培に使用された資材に付着した菌糸が越冬して第一伝染源となる。発病後に病斑上に大量の分生胞子をつくり、それが風によって飛散し、2週間の潜伏期間後に発病し、そこでまた大量の分生胞子をつくって飛散し蔓延する。

1)耕種的防除

多湿にならないように管理することで、発生を少なくすることができるので、湿度管理を中心に対策を行う。次のポイントを参考に、できれば複数組み合わせて実施すると良い。
① 窒素質(N)肥料のあげすぎ(葉色が濃緑になる)は発病を助長するので、土壌診断に基づいた適正施肥を行う。
② 分生胞子を拡散させないようにするため、早期発見を心がけ、病斑を見つけたらできるだけ速やかに取り除く。
③ 風通しを良くして、灌水や排水に注意して、過湿にならないようにする。
④ 資材を再利用する際には、前作の残渣などが残っていないように十分に洗浄する。

2)化学的防除

効果のある主な有効成分は、次表のとおりである。
病斑に作られる胞子の量が多く、発生が多くなった後では、たとえ治療効果のある薬剤でも十分な効果を発揮できない。「病害蔓延後に使用しても効果が期待できる治療剤は無い」と考え、予防効果のある薬剤の定期散布を基本とし、病害が発生したら、発生初期のまだ病害が少ないうちに治療効果のある薬剤を使用して徹底防除を行うようにする。
治療剤については、耐性菌の発生が認められている薬剤もあるので、念のため、指導機関に発生状況を確認し、指導をあおぐとともに、作用性の異なる薬剤でのローテーション散布を基本とする。
また、土壌中に病原菌が存在するので、土壌消毒を行うことで、病原菌の密度を減らすことができるので、他の病害虫防除と合わせて土壌消毒を実施すると効果的である。
また、すすかび病の第一次伝染源は、被害残渣であるので、残渣を完全にほ場から取り除ければいいが、物理的に困難なので、発生が多い圃場などでは、他の病害との防除とも合わせて適宜土壌消毒を実施するとよい。これにより、被害残渣の中にいる病原菌を撲滅させることができる。
有効な土壌消毒法は、蒸気消毒、熱水消毒、太陽熱消毒、土壌還元消毒、土壌消毒(クロルピクリン、ソイリーン、ガスタード微粒剤など)である。

葉かび病防除剤-有効成分特性一覧

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る