左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食品中の放射性物質を考えるフォーラム 京都で2013年6月27日

一覧へ

 関係省庁と京都府、京都市は8月1日、京都市内で「食品中の放射性物質について考える」フォーラムを開催する。

 東日本大震災を契機に、食品に含まれる放射性物質についての関心が高まっている。農水省、消費者庁、食品安全委員会、厚労省は京都府、京都市との共催で8月1日、京都市内の「ウイングス京都」で「食品中の放射性物質について考える」フォーラムを開催する。
 フォーラムでは「食品中の放射性物質による健康被害について」(食品安全委員会)、「食品中の放射性物質の対策と現状について」(厚労省)、「農林水産現場における対応について」(農水省)、「京都府および京都市における検査の状況について」(京都府・京都市)などのテーマで話題提供を行い、意見交換を行う予定。
 参加申し込みは、ホームページより申し込み用紙をダウンロードし、「京都府農林水産部食の安心・安全推進課」まで郵送、ファックス、メールする。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る