食品流通 ニュース詳細

2013.09.04 
老化を抑える乳酸菌H61株 つくばで発表会一覧へ

 農研機構畜産草地研究所は11月3日、つくば市で乳酸菌H61株の研究成果発表会を行う。

 乳酸菌H61株は農研機構が開発した菌で、骨密度低下抑制、皮膚の潰瘍防止など、アンチエイジング効果があるとして特許も取得している。また、JA茨城みずほでは、これを利用した飲むヨーグルトなども開発・販売している。
 発表会では、この乳酸菌H61株の最新の研究成果のほか、今年2月から6月にかけて公募したヨーグルトレシピに基づいた試食会を行う。
 11月3日の14時からつくば国際会議場(茨城県つくば市)で、参加対象は一般消費者。参加費無料で定員60人(応募者多数の場合は抽選)。
 問い合わせは農研機構畜産草地研究所ヨーグルトレシピ募集事務局(Eメール、TEL:029-828-8612)まで。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ