食品流通 ニュース詳細

2019.03.26 
農協珈琲を発売 協同乳業一覧へ

 協同乳業(株)は酪農生産者の想いが詰まった、メイトーブランドの新商品「農協珈琲」を関東地区のスーパーで発売した。

メイトーブランドの新商品「農協珈琲」.jpg「農協珈琲」は、素材のおいしさにこだわったミルクのコク豊かなコーヒー。「健康な牛は良質な草から、良質な草は健康な土から。」をモットーに、自然循環型サイクルの酪農を大切にしている青森県の酪農家が生産している生乳を73%使用。コーヒーは豊かな自然に恵まれたコロンビア産を使用。素材そのもののおいしさを味わうため、生乳、コーヒー、砂糖のみで仕上げた。生産者とのつながりと素材のおいしさを大切にした、農協ならではのおいしいミルクコーヒーを楽しんでほしいと協同乳業は期待している。

 

 

 

(関連記事)
カゼインが原因で牛乳が飲めない人に「なかしべつ牛乳プレミアム」 JA中標津(19.01.22)
牛乳の購入頻度が増加 Jミルク(18.12.18)
乳業界初、新殺菌製法の『農協牛乳』を発売 協同乳業(16.02.26)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ