肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2016.02.26 
乳業界初、新殺菌製法の『農協牛乳』を発売 協同乳業一覧へ

 メイトーブランドの協同乳業株式会社(本社:東京都中央区、尾崎玲社長)は、乳業界初となる新殺菌製法の『農協牛乳』を、3月1日から関東エリアで新発売する。

『農協牛乳』電気殺菌(交流高電界殺菌)協同乳業 『農協牛乳』は、「自然はおいしい」をキャッチフレーズに、昭和47年より全国販売されてきた。以来今日まで、消費者から信頼感のあるまじめなブランドとして、高い評価を得ている。
 協同乳業(株)はこのたび、ブランドイメージはそのままに、乳業界では初となる新殺菌製法を用いた『農協牛乳』を、製造・販売する。
 新殺菌製法とは、乳業界で初となる電気殺菌(交流高電界殺菌)を採用したもの。従来の加熱殺菌(UHT殺菌120℃~150℃、1~3秒間)ではなく、115℃で20秒間、電気殺菌する製法を採用した。
 これにより生乳にかかる加熱のストレスを抑え、生乳本来の香りとすっきりとした味わいに仕上げた。
 新殺菌製法は、ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)の交流高電界殺菌技術、PACES(ペース)製法を応用したものだ。『農協牛乳』協同乳業
 原料生乳は、関東の自然豊かな産地で、手塩にかけて育んだ乳牛から搾乳された、良質な風味の生乳を使用した。
 3月1日より関東エリアで販売される『農協牛乳』は、内容量1000ml、500ml、200mlの3商品。 この商品に関する問い合わせは、協同乳業(株)お客様相談室 TEL:0120-369817まで。
※尾崎玲氏の「崎」は、正式には異体字です。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ