想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

6年連続すべて不検出 家庭の食事からの放射性物質摂取調査結果 日本生協連2020年3月6日

一覧へ

 日本生活協同組合連合会(日本生協連)は、2011年度から9年間継続して「家庭の食事からの放射性物質摂取量調査」を行っている。今回の調査でも放射性セシウムは不検出で、2014年度以降6年連続で不検出だった(図表1参照)。

厚生労働省が設定した放射性セシウムの基準値と今回調査の検出限界の比較厚生労働省が設定した放射性セシウムの基準値と今回調査の検出限界の比較

 今回の2019年度調査は、2019年6月19日から20年2月3日までの期間に、全国17都県の生協組合員235世帯の家庭の協力を得て、普段の食事2日分の235サンプル(うち福島県の100世帯100サンプルを含む)を検査した(手順は図表2参照)。


検査手順 2019年度に調査を行ったすべてのサンプルで、検出限界以上の放射性セシウムは検出されなかった。
 2013年度までの各年度はいずれも放射性セシウムを検出したサンプルがあったが、検出割合、放射性セシウムの最大値は、年度を追うごとに減少しており、14年度以降は6年連続で不検出となっている(図表3)。

検出したサンプルの放射性セシウム(1kg当たり)検出量の分布図──2014年度以降不検出が続く。検出したサンプルの放射性セシウム(1kg当たり)検出量の分布図
──2014年度以降不検出が続く。


 日本生協連は、9年間で2829サンプルを調査した結果から、放射性セシウムを1kg当たり1ベクレル以上を含む食事を継続して食べ続けている可能性は極めて低いと推察されるとしている。
 また、2011年度からの調査で、放射性セシウムを検出した食事を1年間継続して食べ続けたと仮定した場合の内部被ばく線量をサンプルごとに推定し、年度ごとに比較している(図表4)。
 内部被ばく線量の最大値は、2011年度から13年度にかけて徐々に低くなっており、14年度からは放射性セシウムを検出しなかったことから、内部被ばく線量はさらに低下していると考えられるという。
 なお、原発事故に関係なく食品中に含まれる放射性カリウム(カリウム40)の測定結果は1kg当たり11~64ベクレルとなり、過去8年間と同等のレベルだった。

 なお、食品サンプルを提供した生協組合員が同調査のアンケートに記入している内容を見ると、次のような声がある。
▽「特に自家製の野菜や梅干しなどに、どの程度含まれているのか、わからないため不安があり調査してみたいと思いました。子どもたちの未来の環境を守るために調査は大切で、この結果やこうした取り組みをもっと世の中に発信してほしいと思います。」
▽「1つ1つ丁寧に検査して頂いていることを聞いたので感謝しています。まだ不安に思っている方も中にはいるようですので、是非教えてあげたい試みであると思っています。」
▽「今まで正直、放射能についてよくわからないままテレビやネットで危険などと報道されていたので、そういった印象を持っていました。ですが、こういった今までのデータを踏まえて放射能について自分で理解し判断することが大事なのだなと考えさせられ勉強になりました。」

検出した放射性セシウムからの内部被ばく推定線量

 

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る