左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新型コロナ影響で「社会課題を解決する仕事」へ意欲向上 理系プロの仕事・転職の価値観調査2020年4月21日

一覧へ

 研究職、技術職、開発職、専門職などの採用プラットフォームを提供するアスタミューゼ(東京都千代田区)は、社会課題やSDGsの観点や、新型コロナウィルスの影響による働くことへの価値観について、アンケートを実施した。調査は4月6日から14日にかけて、技術職、専門職を対象とした転職サービス「転職ナビ」と採用プラットフォーム「SCOPE」の会員253人を対象に行われた。

 調査によると、新型コロナウィルスの影響で、「自身が仕事として、SDGsや社会課題へ取り組みたいという気持ちは高まったか?」という質問に対して「非常に高まった」は20.6%。「ある程度高まった」(22.1%)と合わせると全体で42.7%となり、より社会的意義が高い仕事や社会貢献のできる仕事への意欲が高まっていることがわかる。

新型コロナウィルスの影響で、「社会課題を解決する仕事」に関わりたい意識が42.7%新型コロナウィルスの影響で、「社会課題を解決する仕事」に関わりたい意識が42.7%

 また、転職先の企業について、「社会課題を解決できる仕事かどうかを意識するか」との質問には、32.8%が「非常に重視する」で、「まぁ重視する」は30.4%。合わせて63.2%の人が、転職先の企業を選ぶ際に社会課題の解決を基準にしていることが明らかになった。

転職先の企業で意識するのは「社会課題を解決できる仕事」が63.2%転職先の企業で意識するのは「社会課題を解決できる仕事」が63.2%

 さらに、仕事を通じて解決したい社会課題について聞くと、「くらし・生活」が51.4%と過半数以上。続く2位は「環境」48.6%、3位「経済」37.8%、4位「教育」31.5%、5位「医療」30.3%で、5つの項目で30%を超えた。

仕事で解決したい社会課題のトップは「くらし・生活」51.4%。仕事で解決したい社会課題のトップは「くらし・生活」51.4%。

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

解説・提言

topへ戻る