Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

フードロス、地域、農業など食について学ぶ「foodskole」参加者募集2020年7月7日

一覧へ

食卓に小さなよろこびを提供するコンテンツの企画・制作・販売を手がける(株)honshoku(東京都渋谷区)は、生きるうえで大切な食にまつわる学びの場「foodskole(フードスコーレ)」のプログラムの参加者を募集している。講義は7月から順次始める。

「foodskole」

フードスコーレは、環境、フードロス、農業、料理、経済、食文化、食の循環などのテーマについて考え、食についての教養を身につける実践の場として4月にオープン。会社や学校、環境に左右されることなく食を媒体にした「自分の生き方」について考えるきっかけづくりをしている。

第一弾の取り組みとして、全5クラスのオンラインコースを開設し、食を生業とする人を中心にゲストに招き「クラス」と定義づけた講義で、さまざまな企業・団体・プレイヤーからなるクラス長を中心に対話する。第1弾のテーマは、フードロス、地域、食材の歴史、料理人、SDGsを切り口としたクラスを展開し、第2弾は水産や農業をテーマとした講義を予定。

現在、フードロスの構造を理解し、削減のためのアクションを計画できる人を養成する「フードロスクラス」の参加者を募集している。
【フードロスクラス:申し込み】

<開催予定のクラス>
◆SDGsはじめましたクラス
SDGsの基礎を理解し、快適さを失わずに生活の中でアクションができる人を養成。
クラス長:こくぼひろし(ひとしずく株式会社代表)、ファシリテーター:すずきたかあき(カゼグミ代表取締役/茨城移住計画 共同代表)

◆日本の"日常食"を学び考えるクラス
日常食として口にしている食材や料理をとおして、改めて"日常"や"食"とは何かを学び考える。(第1弾:米・海苔・味噌を予定)
クラス長:大森愛(honshokuプロデューサー)

◆「自身の食を豊かにする」食の編集者養成クラス
無印良品が地域の活動で出会った「食」の生産、流通、卸、飲食など様々な分野の「現場の方」から学び、自身の食がより豊かになることをめざす。
クラス長:佐藤一成(良品計画ソーシャルグッド事業部ローカルグッド担当)

◆食をとおした地域のみかたクラス
流域というつながりの視点をとおして、暮らしや食の問題を自分事として考え行動できる人を養成。
クラス長:杉野卓也・矢野加奈子(合同会社流域共創研究所だんどり)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る