Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

冷凍ブロッコリーの国産化と若手農業者育成へ クラウドファンディングで支援募集2020年7月14日

一覧へ

農業法人のワールドファーム(茨城県つくば市)は7月13日、家庭消費向け国産冷凍ブロッコリーの商品開発と若手農業者への応援を兼ねたクラウドファンディングプロジェクトを始めた。目標金額は150万円で10月10日まで支援を募っている。

ブロッコリー栽培を学ぶ若手農業者ブロッコリー栽培を学ぶ若手農業者

野菜加工工場を中心とした100〜200ヘクタールの農地で地域一体型農業を展開する同社は、野菜の栽培から加工販売(6次産業化)までを手掛ける農業法人。今年2月、農林水産省「6次産業化アワード」で農林水産大臣賞を受賞した。

同社は、輸入野菜のうち50万トンを国産野菜に置き換える「野菜の国産化プロジェクト」を推進しながら、将来の日本の農業を担う「次世代農業者の育成」にも力を入れ、新たな需要の創出と人材育成の両面から持続可能な新しい農業のモデルをめざす。現在、全国10県に事業を展開し、平均年齢30歳の若手人材100人以上が活躍している。

今回立ち上げたクラウドファンディングは、中国産やエクアドル産など外国産の多い「冷凍ブロッコリー」の国産化に向けた挑戦。収穫したばかりのブロッコリーのおいしさを瞬間冷凍し、必要な分だけ取り出して使えるバラ凍結で加工し、家庭で日常的に食べられる商品開発をめざす。

同社は、冷凍ブロッコリーの国産化に成功することで、スーパーや外食、学校給食で国産冷凍ブロッコリーが流通し、当たり前に入手できるようになることを願っており、集まった資金は担い手育成のための教育・研修費用と、次回の活動資金として使う。

応援購入金額は5000円。リターンとして、同プロジェクトで栽培した「冷凍ブロッコリー1kg」(ブロッコリー4〜5個分)を届ける。冷凍ブロッコリーの賞味期限は2年間。

【クラウドファンディング募集ページ】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る