Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

鮮度保持に有効な低温活性触媒製品の開発・製造・販売新会社を合弁で設立 フルヤ金属2020年7月28日

一覧へ

工業用貴金属製品製造・販売の(株)フルヤ金属は、低温活性触媒(FT-eco触媒)を生かした環境製品の開発・製造・販売などを手がける新会社の(株)FuruyaEco-FrontTechnologyを、レアメタル大手の英アングロ・アメリカングループと設立した。

塗布型の触媒(左)、ペレット型の触媒塗布型の触媒(左)、ペレット型の触媒

新会社には(株)フルヤ金属が6割、アングロ・アメリカングループのアングロ・プラチナム・マーケティングが4割を出資。プラチナ生産世界最大手の同社グループと日系企業が合弁会社を設立するのは今回が初めて。

(株)フルヤ金属は、人体に有害なアレルギーや悪臭の原因となる揮発性有機化合物(VOC)、植物の腐敗を早めるエチレンの除去用に有効なFT-eco触媒の量産体制を2017年に確立。

今後、鮮度劣化による食品ロスの削減や、防臭、防カビ、抗菌による生活向上への貢献が期待される。都市部の経済発展が続くアジアを中心に、販路拡大や技術開発が見込めることから、新会社を軸に事業展開を加速することとした。

同触媒は、特殊なセラミックスにプラチナなどの貴金属ナノ粒子を担持させた触媒。0~30度の室温レベルでVOCやエチレンを効率的に除去でき、空間内に設置するだけで高い触媒効果を発揮する。

また、ほとんど交換の必要がないためコスト削減や省エネ効果が見込め、空気清浄機や冷蔵庫などの家電、青果物・花木など鮮度保持が必要な生鮮小売店、コールドチェーンなどの流通ロジスティクス分野などで活用が期待されている。

同触媒は低温で機能を発揮するため、エネルギー消費による二酸化炭素の発生を抑制でき、鮮度保持による食品ロスの削減に寄与できる省エネで環境に優しい次世代タイプとなっている。



最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る